阿寒湖の魅力7 フロストフラワーを見たか?

阿寒湖の魅力7
フロストフラワーを見たか?

名物はマリモやヒメマスだけではない。12月中旬から1月上旬の阿寒湖。湖面が結氷してまもない薄氷のころ、または厳冬期でも比較的氷が薄い場所で、世にも美しい花が咲く。零下15℃以下、風のない穏やかな早朝。結氷した表面に空気中の水蒸気が付着して氷の結晶をつくり、そこにまた水蒸気が付着して結晶が成長し、やがてキラキラした繊細な氷の花が湖面を埋めつくすようにひろがっていく。その名も、Frost Flower。霜の花、冬の華ともいわれるが、押し花にもできないし、ラッピングして愛する人にプレゼントすることもできない花だ。暖かい日が当たれば、あるいは手で触れればたちまち溶けて消えてしまう、風が吹けばはらはらと壊れてしまう。はかなさゆえにいっそう美しく、その光景を目撃した人の胸の内で咲きつづける花だ。

akankonomiryoku7-2.jpg

阿寒湖に関するアクティビティはコチラ

水のカムイと出会える旅へ 釧路湿原・阿寒湖・摩周湖

このページの先頭へ戻る