インタビュー

自然案内人
安藤 誠Makoto Ando

釧路空港から車で小一時間走る。途中当たり前のように、草原でエサをついばむタンチョウヅルを見た。ここは鶴居村、鶴の居る村なのだ。北海道認定のアウトドアガイド安藤誠さんはこの村で「ヒッコリーウインド」というすてきな名前のロッジを経営している。
「ここは、知床と阿寒と釧路湿原を結ぶトライアングルのちょうど真ん中。どこへ出かけるにも都合がいい」と笑う。プロのガイドというと孤高の人というイメージがあるが、ふだんの安藤さんは反対に饒舌で英語も堪能、コミュニケーションの達人といってもいい。北海道内外はもちろん外国からのリピーターが多いのも、アクティビティの楽しさだけでなく、その人柄に寄るところ大だろう。

「僕は自分をインタープリター(通訳)であると考えています。自然の営みのすばらしさをできるだけ深く人に伝えたい。例えば、一人に100通りのガイドを表現できるのがプロだと思っていますから」
その通り、安藤さんのガイドには決まったメニューはない。今ここでしか体験できない時間を提供するために、ゲストと相談しながら、カヌーで月夜の川下りもすれば、誰とも会わない道なき道をトレッキングもする。光学機器のトップメーカーであるスワロフスキー社がスポンサードする、日本で数人しかいない「スワロフスキーオプティック社公認ガイド」であるゆえんだ。

安藤誠

北海道認定アウトドアガイド
安藤 誠Makoto Ando

1964年 札幌市生まれ。
大学卒業後、塾、予備校社会科講師として12年教壇に立ち、大工見習いなどをしながら1999年「ヒッコリーウィンド」を開業。

  • ウィルダネススロッジ・ヒッコリーウィンドオーナー&ガイド
  • 環境省委任北海道指定タンチョウ監視人
  • スワロフスキーオプティック社サポートプロガイド
  • 知床ボランティアガイドレンジャー
  • 経済産業省「地域産業活性プログラム」認定

道東圏のアクティビティ情報はコチラ

インタビュー

サイトについて

釧路湿原、阿寒湖、摩周湖。
本サイトは雄大かつ希少な自然と生態系をもつ阿寒国立公園と、釧路湿原国立公園内にある3つのエリアへの旅をより楽しく、快適に満喫いただくためのポータルサイトです。
各エリアの魅力のご紹介や多彩なアクティビティのご予約、エリア間の移動支援システムなどを多言語でご用意しています。
この地ならではの美しい自然にふれる旅に、どうぞお役立てください。

水のカムイと出会える旅へ 釧路湿原・阿寒湖・摩周湖

このページの先頭へ戻る