摩周湖の魅力7 展望台

摩周湖の魅力7
展望台

摩周湖は人間が水際まで近づくことは危険であるし許されていないが、その代わりに3つの展望台が整備されている。それぞれに魅力があり、思い思いにお気に入りの美女の表情を写メすることができる。

第1展望台

摩周温泉から近く、レストハウスもあって最もポピュラーなスポットだ。美しい湖面にエクボをつくるカムイシュ島と猛々しいカムイヌプリ(摩周岳)を正面に望み、遠くには斜里岳がそびえる絶妙の構図である。また、湖に見とれて背後を見落としてはならない。約50万ヘクタールの根釧台地の大パノラマには誰もがかならず圧倒されるはずだ。

第3展望台

川湯温泉から近いここではカムイシュ島が間近に見られ、カムイヌプリもいちだんと険しい表情を見せる。また、屈斜路湖など日本一の屈斜路カルデラの景観を一望できるのも魅力だ。ところで、第1と第3があれば第2展望台だってあるはずだ。そう、確かにかつては第1展と第3の間に絶好の撮影ポイントとしてあったらしいが、危険な箇所も多くいつの間にか人も立ち寄らなくなったという。

裏摩周展望台

masyukonomiryoku7-4.jpg清里町と中標津町の町境にあり、第1展望台とは対角線上の正反対の位置にあることから“裏摩周”と呼ばれる。こちら側は、比較的霧の発生が少なく湖面を見られる可能性が高いそうで、穴場といえるかも知れない。

摩周湖に関するアクティビティはコチラ

水のカムイと出会える旅へ 釧路湿原・阿寒湖・摩周湖

このページの先頭へ戻る